不動産の査定方法とは?

必要のない不動産をお持ちの方、売却しませんか?一度不動産査定をしてもらいましょう。 - 不動産の査定方法である直接還元法とは

不動産査定

アーカイブ

不動産の査定方法である直接還元法とは

不動産の査定方法には、収益還元法と呼ばれるものがあります。中でも収益価格を計算する手法のひとつとして直接還元法が一般的に使われています。

直接還元法とは

まず収益還元法とは何か。当該不動産が将来的に持つ純利益と、現在の価値を併せて収益価格、実質的な値段を計算していく方法です。その収益を計算する手法のひとつとして直接還元法があります。
具体的には「一定期間の純収益÷還元利回り」で求められます。
ここで純収益とは、家賃などによって得られるであろう収入から税金や修繕費など関連する費用を差し引いた残額です。
また還元利回りとは、投資額に対する賃貸収入の割合です。類似取引事例や公表値を参考にして決められます

メリットは何か

直接還元法を含む収益還元法は、主として賃貸物件に対して用いられます。具体的な数値を計算するので、説得力があるというメリットがあります。
そもそも不動産には価値がある!ポジティブに評価していきます。将来的に価値が上がる可能性の大きい地域でも、冷静な評価をしやすいでしょう。
もちろん個人的に利用している住宅であっても、賃貸した場合にどうなるか。更地であっても物件を建てた場合にどうなるか、客観的な評価が受けられます。

デメリットは何か

直接還元法は、細かい計算をしなければなりません。人によってはデメリットですね。しかし賃貸業を営むのであれば、不可欠な計算でもあります。商売を止めるか、改築するか否か、その決断にもなるでしょう。
数値が出るため客観的ではありますが、その算定根拠は本当に信頼できるのか。多くの事例を元に算出しないと、曖昧になりがちという問題も潜んでいます。数字を鵜呑みにしてもいけないのでしょう。

試してみましょう

ある程度の知識があれば、直接還元法を自分で計算することも可能です。売却を考えた際には、試してみましょう。プロの査定と比較することで、疑問点などを正していけますよ。

関連する記事

Copyright(C)2016不動産の査定方法とは?All Rights Reserved.