不動産の査定方法とは?

必要のない不動産をお持ちの方、売却しませんか?一度不動産査定をしてもらいましょう。 - 不動産の査定方法である取引事例比較法とは

不動産査定

アーカイブ

不動産の査定方法である取引事例比較法とは

簡易査定で納得できましたか。納得できないとしても、より詳しい査定を、直接不動産業者にしてもらいましょう。とはいえ具体的には、どんな方法があるのでしょうか。

取引事例比較法とは

不動産の査定方法にも様々ありますが、まずは取引事例比較法を考えてみましょう。これは名前の通りの手法です。つまり周辺にある類似した不動産の取引事例を参考にして査定するパターンです。
ちなみに国土交通省は、不動産の取引価格情報を提供しています。それが土地総合情報システムです。興味のある方は、下記サイトをご参照ください。業者と直接相談する前に、目安を知っておくと安心です。
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

メリットは何か

取引事例比較法は、中古物件の査定に際して基本となる方法です。まずはどの業者でも試してくれます。どれだけデータを持っているか、業者を見分けるポイントにもなります。
似たような不動産の取引事例がある場合に精度が高まるメリットがあります。つまり近隣に類似物件が多い住宅街などでは有効でしょう。
とはいえ何らかの理由から売り急いでいたり、投機目的で売買されていたケースは除外されます。あくまでも平均的な物件が比較対象になりますので、大きく外れることはないでしょう。

デメリットは何か

基準となる方法ではありますが、査定する人の感覚によって差が出る可能性もあります。そもそも不動産の評価に絶対的な指標はないからです。そういう意味でも、複数の業者に査定してもらいましょう。
類似事例を元に検討しますが、もちろん家毎に状況が異なります。例えば主要道から外れている、階段が多い、駐車スペースがない、外壁の劣化があるなど。個々の状況に応じて適宜補正が行われます。

チェックしてみましょう

不動産の売却を考えたなら、自分でも近隣、最寄駅からの距離が似たような場所で売買が行われていないか、取引事例をチェックしてみましょう。ポスティングされてくる広告なども参考になりそうです。

関連する記事

Copyright(C)2016不動産の査定方法とは?All Rights Reserved.