不動産の査定方法とは?

必要のない不動産をお持ちの方、売却しませんか?一度不動産査定をしてもらいましょう。 - 不動産の査定方法である原価法とは

不動産査定

アーカイブ

不動産の査定方法である原価法とは

わかりやすい不動産の査定方法として原価法があります。現時点での適正価格を知るという意味では、有効な手法かもしれません。

原価法とは

原価法とは、当該不動産、特に建物を新たに建て直すとしたら、どのくらいの費用がかかるか。再調達原価と呼ばれるものを算定する方法です。実際の算出方法として直接法と間接法があります。
直接法は、現時点における必要資材の量、価格、労働の種類や時間、工事費などを総合して求めます。
間接法は、工法が大きく変化していたりして直接算定できない場合に用いられる方法であり、近隣における類似不動産の価格や建築費用などから推計する手法です。
既存の建物であれば、経過年数に応じて減価修正が行われますが、減価要因には主に3つあります。つまり経年劣化などによる物理的要因、設備の旧式化や敷地に対する不適合などの機能的要因、そして地域の盛衰度合などの経済的要因です。

メリットは何か

原価法で不動産を査定する際におけるメリットは、具体的な資材の価格や減価状況を把握できるなら、実用的な値段で評価できることです。戸建て住宅を売却する時の基本な手法として用いられることが一般的です。

デメリットは何か

既存建築物の場合、現時点の材料費と、実際に使われている建材の費用との間にギャップが生じる可能性もあります。
また風雨が強いなど地域的な理由による劣化状態を正しく減価額に反映できるか問題になる事例も少なくありません。
建物に対しては計算しやすいですが、土地だけのケースでは、これまでの造成費用を勘案することが難しいので、更地に原価法は使えないとの指摘があります。

試してみませんか

原価法の基本は単純です。建材などの相場を知っていれば、自分でも試してみることは可能です。プロの算定結果を吟味する際にも役立ちます。

関連する記事

Copyright(C)2016不動産の査定方法とは?All Rights Reserved.